『皆さん、まだFlashコンテンツをご利用ではありませんか?』

皆さんこんにちは。

ジンジャーアップ広報の山﨑です。

ツールベンダーである米Adobe Systemsが、モバイル端末向けFlash Playerの開発を中断し、2020年末までにFlash Playerの配布を終了すると発表してから合わせて、Webのブラウザを提供するGoogle、Apple、Microsoft、MozillaやゲームなどでFlashを採用してきたFacebookもFlashからの移行を進める方針を発表しました。

日を追うごとに益々HTML5に対する注目度は高くなっています!

本日は少しだけ、どの様な経緯で発表に至ったのかをご紹介すると共に、

現在多くのFlashコンテンツをお持ちのみなさんが今後どうすべきなのかをお伝えしていきたいと思っております。

まず、米Adobe Systemsの発表を要約すると以下の内容になります。

□Flashプラットフォームの開発をウェブブラウザ上でのFlash Playerと、ネイティブアプリケーションプラットフォームであるAdobe AIRに集中する。

□HTML5向けのツールやソリューション、ブラウザに対するリソースを(費用、エンジニアの両面において)更に増やす。

□モバイル端末用ウェブブラウザ向けのFlash Playerは、これ以上の積極的な開発を行わない。

Adobe Systemsではモバイル端末用のブラウザでFlashが使えなくなり、今後はAIRアプリとして存続するという事です。

この様な発表の背景にはこの様な理由があるようです。

□モバイル端末におけるFlash Playerの普及率がデスクトップのそれに比べて芳しくない。

□モバイル端末市場ではHTML5が人気・普及率ともに好調

□デスクトップとモバイルではユーザーのコンテンツの楽しみ方が異なる。モバイルではブラウザよりもアプリで楽しむ傾向が強い。

□モバイルブラウザ向けプラグインの開発は多くの企業との連携が必要であり、コストが高い。

□HTML5の成長を見越して、社内リソースをFlashからHTML5に移行する方針をとっている。

つまり、モバイルブラウザ向けのFlash Playerは開発困難な割には普及しておらず、利用シーンも限られるので、その分のリソースを他(デスクトップ版Flash Player やAIR、そしてHTML5)に割きたいという事のようです。

今や、モバイル端末での動画視聴は当たり前です!更に弊社eラーニングを導入されているお客様にお伺いすると多くのユーザー様は通勤途中や寝る前に受講する事方が多いというお言葉を頂いております。

気軽に行うことができる、モバイル端末から受講されている方が多いのではないでしょうか?

つまり、今Flash Playerでコンテンツを視聴しているのであれば、今後視聴できなくなる可能性があるのです!

Adobeだけではなく、名だたる多くの企業がモバイルFlash PlayerにかけていたリソースをHTML5に注ぐ事になれば今後はHTML5が当たり前になる時代もそう遠くはないのではないでしょうか?

少し悲しいですが、Flashの歴史を1枚のイラストにした作品画像をご覧下さい。

(参考)http://www.commitstrip.com/en/2015/07/15/a-brief-history-of-flash/

いまだ、多くの企業や学校におけるFlashコンテンツの資産は膨大だと思います。

簡単なFlashバナーくらいであれば、さっと作り直せばよいのですが、eラーニングのコンテンツは複雑でFlashコンテンツをHTML5へ一発変換する事はできません!

HTML5仕様に作り変えるには多くの時間がかかります!今から行わなければ、2020年まだ時間はあるからまだ大丈夫・・・それだと手遅れになる可能性があるのです!

ジンジャーアップではeラーニングコンテンツをHTML5へ変換する作業代行を行っております!

 

『変換したいけど、どうしたかいいのか分からない。』

『コンテンツ量が膨大すぎて全く手がつかない。』

『他の仕事があるのでその作業に時間を割く事ができない。』

そんなお悩みをジンジャーアップでは解決致します。

今すぐお問い合わせ下さい。

【お問い合わせ先】:http://www.gingerapp.co.jp/contact/

どんな些細なご相談でも構いません。

是非、お待ちしております。