カテゴリー


・actor   アクター

xAPIのステートメント定義で使われる用語。学習者のことを指す。

・AU(Assignable Unit)
    エーユー

cmi5規格における複数ドメイン上にある学習教材とLRSとの間で通信を行うための位置情報

・cmi5
    シーエムアイファイブ

ADLが策定したxAPI規格に準拠した学習管理システム用の規格。これにより従来のSCORM規格では実現が難しかった様々な学習管理機能を実装していくことができる。

・LRS(Learning Record Score)
    エルアールエス

xAPI仕様による学習経験履歴データベース。各履歴はActor-Verb-Objectの統一形式(ステートメント定義)によりJSONで書き込まれる。

・object
    オブジェクト

xAPIのステートメント定義で使われる用語。学習・経験の対象を指す。

・TANSU LRS
    タンス エルアールエス

ジンジャーアップ社が2016年1月に開始した日本初のxAPIによるクラウド版LRS(Learning Record Store)サービス。「TANSU」を利用 することで、LRSを独自で構築する必要がなく、手軽に利用開始することでき、利用するアプリケーションのxAPIステートメントを記録することができる。

・Verb    ヴァーブ

xAPIのステートメント定義で使われる用語。経験すること・学習体験を指す。「Verb一覧」はこちら→https://xapi.co.jp/verbs/

・xAPI(Experience API)
    エックスエーピーアイ(エクスペリエンスエーピーアイ)

eラーニングの標準規格であるSCORMの次期規格として、2013年にADLにより公開された。「あらゆる学習経験を取り込む」という意味から、″Experience API(xAPI) ″(エクスペリエンスAPI)という名称が付けられている。