■ジンジャーアップのVRトレーニングとは

VR ( Virtual Reality :バーチャルリアリティ )における経験履歴を xRS ( eXperience Record Store )に記録してデータ管理できるようにしたサービスです。

■VRの現状とVRトレーニング

現在、工場ラインや建築現場、店頭・ショールーム等にて拡大する VRを活用した教育・訓練ですが、現状では疑似体験するまででした。そのアクションの実績データは取得できておらず、規定時間内に正確にトレーニングが出来たのか否か等の判断もできにくいといった課題が生じております。
「 VRトレーニング 」では、あらゆる学習経験データを統一規格で記録する xAPI仕様に準拠し、このVRトレーニングデータを専用のマルチデータベースであるxRSに記録します。

■紹介ムービー

■活用シーン

これにより、
・熟練者のアクションを初心者が追体験できる
・初心者と熟練者の時間比較を通して、作業への時間実績を把握できる
・トレーニングをチェックポイント毎に分類し、各ポイント間の時間変化を確認できる
・手の向きや顔の向き、作業回数等の経験履歴もデータ化し、解析・分析できる
・VRトレーニングと履歴の確認、解析とそれに基づいた指導のサイクルが回せる
・LMSでの学習履歴との比較ができる
等が可能となります。

結果、これまでの実務指導に関わる時間を省略し、効率的に実務担当者を速成できます。

導入ご検討のお問い合わせは、こちらからお願いいたします。