→活用編はこちら

xAPI ( Experience API )/ LRS/ cmi5 : 機能編

xAPI とは?

xAPI は “ Experience API “ の略であり、米国国防省内の標準化機関である ADL(*1) より 2013年に発表された「訓練と学習のアーキテクチャ」のための国際標準規格です。現在、広く世界中に普及している “ SCORM “ 規格は教材とシステム間の通信を規定したものですが、これに対し xAPI はシステムと学習経験履歴間での通信を規定するものです。これにより、教材と管理システムと履歴データベースは分離して機能することができるようになりました。 その後、当 xAPI 規格に準拠した学習管理機能を規定した新規格 “ cmi5 “ が2016年に発表され、また、xAPI 仕様がバージョン 1.03にアップすることで新規格全体が完成しました。
(*1) ADL: Advanced Destributed Learning

xAPI が生まれて来た背景には、急速に発達した IT環境に対応させるニーズがあったことと、一方で、従来より人材育成のためにはフォーマルな教育のみでは一部分でしかないという課題がありました。
70:20:10 モデル」は社会人教育において、人材の育成にはどの領域の学習が寄与しているか? という分析です。これによると、フォーマルな教育は 10%、インフォーマルな教育が 20%のみであり、実際に実力が付くのは経験領域の 70%というものです。これら 70+20%の部分までトレースするには旧来の LMSでは限界が大きいため、最新の IT 技術を活用して多様な学習経験履歴を集約できる xAPI の規格が必要とされてきたのです。

xAPI の構成

xAPI 規格では各学習経験履歴データは LRS ( Learning Record Store ) というデータベースに格納されます。このインプットには従来の LMS に限らず、人事情報システムや学生情報システム等のデータも対象とすることができます。また、動画配信システムやシミュレータなど、さらには SNSの発言情報等々、あらゆるデータを共通のフォーマット( JSON形式のステートメント定義 )に統一して投入することができます。インプット側のシステムから直接に記録する方法と、既存の利用システムを改訂することなく、その出力ログを xAPI形式に変換して記録する方法があり、テキストもバイナリーデータも記録されます。
LRSに投入された統一形式のデータは各種集計・比較分析が容易になり、そのアウトプットの視える化を通して、次の改善にフィードバックして活用することになります。また、LRSの記録方式は統一されているため、複数の LRS間でのデータ移動や共有も可能です。

xAPI ステートメント定義は、
誰が( Actor )何を( Object )経験したか( Verb )という体系で記述される決まりになっています。追加の情報は Context や Result、そして timestamp に記載されます。
複数の LRS間にてデータを共有するために Verb の利用は統一しておく必要があります。ジンジャーアップでは日本語説明の Verb一覧表を作成しておりますので、こちらをご利用ください。
https://xapi.co.jp/verbs/

LRS の構築

xAPI の履歴データベースである LRS は、xAPI の最新バージョン 1.03( 2018年10月現在 )仕様に従って構築する必要があります。
ADL は、各事業者が作成する LRSが仕様に正しく準拠して作成されているか、1300項目以上に渡って厳しく自動審査する “ Test Suite “ を提供しています。弊社開発の LRSは、このテストの合格し、ADLが発表する「認証 LRS一覧」に掲載されています。現在、全世界で 20社程度の合格状況の中で、国内ではジンジャーアップが唯一であります。
https://adopters.adlnet.gov/products/all/0

xAPI の学習管理規格= cmi5

xAPI 規格の上での学習管理機能を規定した “ cmi5 “ では LMS機能とインターフェース部分、コンテンツ、そして履歴管理の LRS とが、それぞれ分離したインテグレーションの構成になります。これにより、コンテンツ等のそれぞれのパーツは別々のドメインに設置することも可能になりました。当然、xAPI として、外部のアプリケーションや別システムのログも LRSに記録できますので、複雑なシステムインテグレーションを自由に構成可能です。この世界標準の規格に従って全体を構築することにより、インターフェース部分やコンテンツ等を変更しても、それぞれの相互運用性が保たれることになります。
従来の SCORM 規格 LMSでは、コンテンツとシステムと学習履歴が一体化した、たとえて言えば「ワープロ専用機」のようなものでしたが、xAPI/ cm5 の次世代規格に移行することにより、自由にインテグレートされた高度なシステムが実現できます。

cmi5 の学習管理システムを利用すると、例えば、一つの学習コースにおいて、チャプター1は自社のコンテンツを、チャプター2は外部の有料コンテンツを、チャプター3に官公庁のサイト情報を、そしてチャプター4に海外のサイトのコンテンツを利用することが出来ます。その上で、すべての学習経験履歴を LRSに記録して管理できます。

cmi5 プラットフォーム

ジンジャーアップでは xAPI 規格の LRSを独自開発し、cmi5機能を付加して様々な用途に利用できるプラットフォームを構築しております。この上において、教材アプリ・ゲームアプリ・VR/ARアプリ等々を連動させることで、様々な業種・業態におけるサービスを実現することができます。

弊社営業担当がご説明いたします
お問合せはこちら

詳細のxAPI説明資料(2018年10月版(4.5MB))が必要な方は
資料ダウンロードはこちら

→ xAPI ( Experience API )/ LRS/ cmi5 : 活用編はこちら